米、ファーウェイ制裁の結論先送り 貿易交渉の材料に

トランプ政権
米中衝突
2019/11/19 7:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米政権が中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に課す禁輸措置の行方が不透明になっている。米商務省は18日、一部取引を認める例外措置を3カ月延長したが、トランプ大統領が表明した制裁緩和の結論は先送りした。米中両政府が進める貿易協議を左右する材料となっており、企業を翻弄する展開が続きそうだ。

「米国の安全保障を脅かす者に米国のイノベーションが使われないよう厳密…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]