トランプ氏、ロシア疑惑で虚偽証言か 米議会が調査

トランプ政権
2019/11/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

トランプ米大統領はロシア疑惑捜査に書面回答していた=AP

トランプ米大統領はロシア疑惑捜査に書面回答していた=AP

【ワシントン=中村亮】2016年の米大統領選にロシア政府が介入した問題の捜査に対し、トランプ大統領が虚偽証言をしたかを議会下院が調査していることが18日、明らかになった。複数の米メディアが報じた。仮に虚偽証言があれば捜査妨害にあたる恐れがあり、野党・民主党がトランプ氏の弾劾訴追の根拠とする可能性もある。

トランプ氏はロシア政府とトランプ氏の選挙陣営が共謀した疑惑などの捜査に書面回答した。米メディアによると下院の法律顧問は18日、ロシア疑惑をめぐる裁判で書面回答の全てを閲覧する権限があると主張した。トランプ氏の弾劾調査に着手し、同氏のあらゆる側面を調べあげる必要があるからだ。トランプ氏の書面回答を巡っては、機密扱いが含まれるとして捜査当局が一部を非公開にしていた。

偽証が立証されればトランプ氏の大統領としての適性に疑いが生じることは確実だ。民主党はウクライナ疑惑を徹底追及しているが、ロシア疑惑でも新たな不正が発覚すればトランプ氏の弾劾訴追の材料とする可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]