/

エアビー、五輪の最上位スポンサーに 28年まで500億円超

エアビーは選手向けの無料宿泊サービスなどを提供する=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米民泊仲介大手のエアビーアンドビー(エアビー)は18日、国際オリンピック委員会(IOC)と2028年までの五輪のスポンサー契約を締結したと発表した。英フィナンシャル・タイムズ(FT)によると契約金は5億ドル(約545億円)で、IOCと直接契約する最上位スポンサーとなる。20年に目指す上場へ向けて、顧客獲得やブランド力向上につなげる狙いだ。

選手向けの無料宿泊サービスを提供し、五輪特需による宿泊施設不足にも対応する。20年の東京五輪のほか、北京、パリ、ミラノ、ロサンゼルス五輪を支援する。エアビーはこれら5都市で20万件の民泊施設の掲載があるといい、スポンサー契約によりさらに増える見通しという。

最上位スポンサーは、全世界で特定製品分野の広告宣伝活動ができる権利を持つ。1業種1社が原則で、コカ・コーラやトヨタ自動車、中国のアリババ集団などの世界的な大企業が契約している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン