FRB議長、トランプ大統領と会談

トランプ政権
2019/11/19 1:19
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は18日、ホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した。トランプ氏は同日、ツイッターに「金利政策、マイナス金利、低インフレ、ドル高とその製造業への影響、中国や欧州連合(EU)との貿易について話し合った」と投稿した。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長=AP

一方、FRBは「議長は金融政策の予測については話さず、政策の道筋は景気見通しに関わるデータ次第である点を強調した」と発表した。そのうえで、金融政策は「注意深く、客観的に、政治的分析を行わずに決定する」と述べたという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]