/

この記事は会員限定です

香港デモ「背景に社会構造問題」ボーゲル氏

[有料会員限定]

日本経済新聞社と兵庫県立大学は18日、米中関係に関する国際シンポジウムを大阪市内で開いた。討論では香港のデモに触れ、米ハーバード大のエズラ・ボーゲル名誉教授は「深刻な社会構造の問題」が背景にあると指摘した。根本的解決が難しい中、警察による「力によるデモ排除」の激化を懸念する見方が目立った。

シンポは「米中関係と日本~超大国対立の行方」と題し開いた。ボーゲル氏は香港問題について、大陸から移住した富裕...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン