法案集約、審議の効率化か省略か 政府提出の3割に
民主主義の現場 法律ができるまで(1)

2019/11/19 0:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

臨時国会は首相主催の「桜を見る会」などを巡る与野党対立を抱えつつ、会期が残り3週間となった。国会では毎年70本前後の法律が成立する。政府や与野党が法案を作り衆参両院で多数決をとる。民主主義の根幹といえる手続きはどのように進むのか。実情を追った。

「医療機器ベンチャーの支援を何かお考えか」

「血液製剤を医療機関同士で融通できるか」

6日の衆院厚生労働委員会で、立憲民主党の吉田統彦氏の質問テーマは多…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]