/

この記事は会員限定です

最長政権の締めくくり模索 後継見えず、消えぬ4選論

首相の自民総裁任期、残り2年切る

[有料会員限定]

安倍晋三首相が通算在任日数で桂太郎に並び、憲政史上最長となった。2020年8月23日には佐藤栄作がつくった7年8カ月の連続在任記録にも並ぶ。自民党総裁としての残り任期は2年を切り、首相は憲法改正や日ロ平和条約交渉のほか、社会保障改革などの経済課題に臨む。長期政権をどのように締めくくるのかを模索している。

首相は18日午前、「桜を見る会」の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン