最長政権の締めくくり模索 後継見えず、消えぬ4選論
首相の自民総裁任期、残り2年切る

2019/11/19 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相が通算在任日数で桂太郎に並び、憲政史上最長となった。2020年8月23日には佐藤栄作がつくった7年8カ月の連続在任記録にも並ぶ。自民党総裁としての残り任期は2年を切り、首相は憲法改正や日ロ平和条約交渉のほか、社会保障改革などの経済課題に臨む。長期政権をどのように締めくくるのかを模索している。

首相は18日午前、「桜を見る会」の問題について計8問の記者団の問いかけに答えた。「最後の質問…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]