金沢・金石地区、江戸期の旧町名復活 歴史で観光振興
ウエーブ金沢

北陸
2019/11/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北前船が寄港した金沢市の船主集落、金石(かないわ)地区で、相次いで旧町名が復活している。住民同士のつながりを強化する目的で、文化庁認定の「日本遺産」に指定された同地域を新たな観光資源にしようとする動きも出てきた。兼六園や「ひがし茶屋」など主要な観光地と比べ、非公開や事前予約制の文化財が多いため、海沿いの金石地区を訪れる観光客はまだまだ少ない。観光誘客をどうするかが課題だ。

10月、金石地区の町会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]