結婚式のブラス、名古屋に初の菓子店 知名度アップ狙う

中部
2019/11/18 19:32
保存
共有
印刷
その他

結婚式場を運営するブラスは、焼き菓子店「バタリー」を27日に名古屋市で開業する。菓子店を出すのは初めて。事業の多角化で顧客との接点を増やし、結婚式事業の知名度向上につなげる。

同社は約130人の調理スタッフを社員に持つ。「デザートは結婚式の目玉で、パティシエのレシピを一般の人にも味わって欲しい」(担当者)と店内には結婚式場と同じようなオープンキッチンを導入し、開放感を高めた。

同社は飲食事業にも乗り出し、9月にはステーキ店を名古屋市に開いた。「ブラスのファンを増やす」(河合達明社長)狙いで、結婚式場の集客につなげていく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]