タイとマレーシア、相次ぎ外資優遇 ベトナムと誘致競争

東南アジア
2019/11/18 19:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=村松洋兵】タイ、マレーシアが製造業の誘致を目指し、外資への優遇策を相次ぎ打ち出し始めた。米国との貿易戦争で疲弊する中国から生産拠点を呼び込む狙いだ。東南アジアでは中国の代替生産がベトナムに集中していたが、同国の生産コストが上昇するなかで、ほかの国も十分に対抗できると判断した。インドネシアも意欲を示しており、アジアのサプライチェーン(供給網)が大きく変わる契機になる可能性もある。

タイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]