きしめん人気V字回復 平打ちの魅力、官民が普及に汗
ナゴヤのトリセツ

中部
2019/11/20 14:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

平たい麺のつるっとした食感と鼻孔をくすぐる出汁(だし)の香りで古くから親しまれてきた郷土料理「きしめん」は、名古屋駅ホームの名物でもある。近年人気が落ち込んだ時期もあったが、製麺業者らの地道な普及活動で生産量が回復しつつある。名古屋特有の麺文化が、再び人気の「幅」を広げている。

東海道新幹線のホームを慌ただしく行き交う人々が小さな建物に吸い込まれていく。あめ色のだしから麺をすくいあげてはすすり、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]