世界経済フォーラム総裁、株主第一主義の見直しに理解

2019/11/18 18:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)のボルゲ・ブレンデ総裁は都内で日本経済新聞に対し、従来の「株主第一主義」の見直しに理解を示した。「21世紀の企業は従業員や社会にも責任を負う」と指摘した。8月に米主要企業の団体がまとめた声明に理解を示した形で、2020年1月にスイスで開く年次総会(ダボス会議)でテーマの一つにする。

ダボス会議には先進国、新興国から政界、産業界のトップが多数参加する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]