KDDIや長野県立大など協定 企業支援・5Gで連携

2019/11/18 18:39
保存
共有
印刷
その他

KDDIと長野県立大学、一般社団法人長野ITコラボレーションプラットフォーム(ニコラップ、長野市)は包括連携協定を結んだ。長野市周辺地域のベンチャー企業の支援で協力するほか、次世代通信規格「5G」を使った大学での遠隔教育なども計画している。ICT(情報通信技術)などの分野で、地場産業の競争力強化を図る。

3社で連携して県内企業支援を行う

地元企業やベンチャー企業に対し、KDDIがICTに関するノウハウを提供するほか、人材の派遣などもする。有望な企業に対しては、同社のファンドを通じて資金的な支援をする。KDDIが手掛ける新興企業との協業プログラム「∞Labo(ムゲンラボ)」も活用する。

県立大と首都圏などを5G通信で結び、遠隔授業も実施する予定だ。開始時期は未定としている。県立大の安藤国威理事長は「スケールの大きな目標を持って取り組む協定だ」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]