高まる財投の存在感 官をあてにする民
本社コメンテーター 上杉素直

上杉 素直
Deep Insight
本社コメンテーター
2019/11/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アジアのハブ港湾の座をめざし、韓国の釜山や中国の上海、シンガポールを追いかける横浜港。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致や人工知能(AI)をはじめとする最先端技術を用いたターミナルの計画など、国と市がアイデアとおカネを出し合って港としての魅力を高める試行錯誤が重ねられている。

その一角、本牧エリアで今年度、大型船が着岸できる大水深と呼ばれる戦略ターミナルづくりが新たに始まった。注目したい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]