[社説]ハンセン病の差別解消を急げ

社説
2019/11/18 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今こそ差別と偏見の歴史に終止符を打たねばならない。

ハンセン病元患者の家族に補償金を払うための新法がこのほど成立した。親や子、配偶者に180万円、きょうだいや同居していた家族に130万円を支払う。

ハンセン病は、らい菌による感染症だ。きわめて感染力が弱く特効薬もできたが、日本では約90年にわたり隔離政策が続いた。このことが元患者や家族を苦しめ、差別と偏見を生み出してきた。

国は2001年に元患者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]