静岡市中央卸売市場、「開かれた市場」へ試行錯誤

南関東・静岡
2019/11/18 18:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡市中央卸売市場(静岡市)が場内改革を進めている。同市場は近年、取引量が減少。2020年6月には市場運営の民営化が可能になるなどの大幅な規制緩和を進める改正卸売市場法の施行を控える。市民参加型のワークショップなどを通じ、今後の市場のあり方を模索。「開かれた市場」を目指し、試行錯誤が続く。

同市場に16日、約50人の市民と市場関係者が集まり、ワークショップ「ミライの市場をデザインしよう」を開催し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]