太陽光発電、「稼働しない」事業者 固定買い取り失効
経産省、送電枠を新規参入組に

経済
2019/11/18 18:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は太陽光発電の固定価格買い取り制度(FIT)で認定された事業者のうち、一定期間にわたり発電設備を稼働させない事業者の権利が自動的に失効するよう制度を見直す。現在は未稼働の太陽光発電が送電線の枠を押さえ、一部で新たな再生可能エネルギーの普及を阻んでいる。設備を稼働させない事業者を撤退させて、送電線の枠を増やす。

18日の有識者会議で見直し案を示した。2020年の通常国会で提出する予定のF…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]