万国博美術館、随所に進取の構造(古今東西万博考)
1970年・大阪

関西タイムライン
コラム(地域)
関西
2019/11/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

800枚以上の陶板を使ったジョアン・ミロの壁画「無垢の笑い」が万博当時の面影を残す現在の国立国際美術館

800枚以上の陶板を使ったジョアン・ミロの壁画「無垢の笑い」が万博当時の面影を残す現在の国立国際美術館

1970年に大阪で開かれた日本万国博覧会は国内外の前衛的な芸術家や建築家が多数関わり、日本美術史にとっても重要なイベントとなった。美術展示の中心的な役割を担ったのが「万国博美術館」。会場中心部、お祭り広場に面して建てられた4階建ての美術館には40以上の国から700点強の作品が集められ、有史以前から20世紀まで世界の美術の歴史を概観できる展示となっていた。原始・古代に焦点を当てた「創造のあけぼの」に始まり「東西の交流」「聖なる造形」「自由への歩み」「現代の躍動」と時代の流れに沿った5つのテーマで構成。東洋美術を軸に非西欧圏の作品と西洋美術とを比較しながら鑑賞してもらうことを狙った。

1日平均で約1万人の入館者を集めた同美術館。会期終了後、作品は各国に返却されたが、川崎清が設計し照明デザイナーの石井幹子も関わった建物はそのままの形で77年に国立国際美術館へと名前を変えて存続。自然光を巧みに取り込む仕組みや作品を展示しやすい新しい構造が導入されていた建物は「現代の美術館としても十分に耐えられる優れたものだった」(国立国際美術館の中井康之副館長兼学芸課長)といい、その後も30年近く美術作品の展示、収集、研究拠点として活躍した。

2004年、国際美術館は施設の老朽化などにより現在の大阪・中之島に建屋を新築して移転したが、ロビーに展示されているスペインの巨匠ジョアン・ミロの陶板壁画「無垢(むく)の笑い」が当時の面影を残す。万博会期中、ガス・パビリオンに展示されていた同作品は国立国際美術館発足後の所蔵作品第1号。美術館の顔として今も来館者を楽しませている。

(佐藤洋輔)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]