核廃絶の発信再び、被爆2世の大司教 ローマ法王に期待
長崎・広島も24日訪問へ

関西
2019/11/19 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ローマ法王フランシスコが11月23~26日に日本を訪問する。1981年以来の法王来日に尽力したのが、カトリック大阪大司教の前田万葉枢機卿(70)だ。今回は東京で東日本大震災の被災者と面会するほか、広島と長崎に足を運ぶ。今回の来日で、法王が被爆地から核兵器廃絶や平和への取り組みを世界にどう発信していくか。被爆2世でもある前田さんはそのメッセージに期待を寄せる。(堀越正喜)

「被爆者や戦争を知る世代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]