「漫画村」元運営者、初公判12月16日に

九州・沖縄
2019/11/18 17:20
保存
共有
印刷
その他

違法コピーした漫画などを掲載する海賊版サイト「漫画村」を巡る著作権法違反事件で、福岡地裁は18日までに、同法違反罪で起訴された星野路実被告(27)の初公判期日を12月16日に指定した。同被告はサイト運営を主導したとされる。

起訴状によると、星野被告は男女3人と共謀し、漫画「ワンピース」と「キングダム」の画像データを著作権者の許諾を得ずにネット上で不特定多数に公開し、著作権を侵害したとされる。

星野被告は、漫画村が閉鎖された翌月の2018年5月に日本を出国。今年7月にフィリピン入国管理局に身柄を拘束され、日本に強制送還された同9月に逮捕された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]