白雪姫からチャップリンまで多彩に 12月の歌舞伎公演

文化往来
2019/11/23 2:00
保存
共有
印刷
その他

12月の東京に歌舞伎の新作が3本そろう。白雪姫にチャップリン、宮崎駿と、どれも歌舞伎とは遠いように感じる世界を原作とするが、それだけに、歌舞伎とは何かを考える機会になる取り組みでもある。

まずは歌舞伎座(東京・銀座)。夜の部の坂東玉三郎主演「本朝白雪姫譚話」は、グリム童話「白雪姫」の舞台を日本の天正期に移した作品だ。玉三郎は「俳優祭」というイベントで同作を演じたことがあり「この物語は歌舞伎的だ」…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]