/

この記事は会員限定です

巨頭会談から始まったパ・リーグ改革

プロ野球動かしたテック族・番外編(2)

[有料会員限定]

ドイツテレコムからやってきて千葉ロッテマリーンズを改革した荒木重雄は、その日に感じた重圧を今も鮮明に覚えている。2007年初めのことだ。場所は房総半島のほぼ真ん中の森の中にあるロッテ皆吉台カントリー倶楽部。「よく考えればスーツ姿でゴルフ場に来るのは、これが初めてだな」。そんなことを考えながら、個室で一行を待ち構えていた。

孫、三木谷、重光、大社…

ラウンドを終え、風呂で汗を流した一行がやってきた。孫正義、三木谷浩史、重光昭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3460文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

プロ野球動かしたテック族

戦後に国民的娯楽の地位を築いたプロ野球は15年前、存亡の危機にあった。近鉄・オリックスの合併構想を機に噴出した球団再編運動。2004年、選手たちによる史上初のストライキを機に、球界は勃興し始めていたネット産業の起業家たちと出会う。リーマンショックの4年前、マネーがあふれユーフォリア(陶酔)という言葉を耳にすることが増えたころの話だ。テックの旗手たちはいかにプロ野球を動かし、今の再生へとつなげたのか。 (この連載は本編10回、番外編3回で構成します)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン