理想宮を1人で築く 郵便配達員描いた仏映画

文化往来
2019/11/22 2:00
保存
共有
印刷
その他

フランス南東部ドローム県の小さな村に「シュヴァルの理想宮」と呼ばれる建造物がある。郵便配達員のジョゼフ=フェルディナン・シュヴァル(1836~1924年)が材料となる石を拾い集め、たった一人で33年かけて手作業で築いた。芸術教育を受けていない彼の奇想天外なアウトサイダー・アートにピカソら芸術家たちも驚嘆し、69年にはフランス政府の重要建造物に指定されている。

このシュヴァルの物語がフランスで劇映…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]