日系航空の欧米路線数、羽田が成田を逆転

ヨーロッパ
2019/11/18 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日系航空大手が2020年3月の羽田空港の国際線発着枠の拡大に合わせ、羽田から欧米の都市に就航する発着便を大幅に増やす。全日本空輸(ANA)はミラノなどに新たに就航し、現在の2倍の18路線にする。日本航空(JAL)も米国方面を中心に拡充し、両社合計の羽田発の欧米路線数が成田発を逆転する。羽田の欧米路線の増強は両地域からの訪日外国人旅行客(インバウンド)の増加に寄与しそうだ。

1978年の成田空港の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]