福島県内のJR在来線、全線が復旧

北海道・東北
2019/11/18 16:51
保存
共有
印刷
その他

台風19号の影響で不通となっていたJR磐越東線の小野新町駅(福島県小野町)―いわき駅(同県いわき市)間(約40.1キロメートル)で16日、運行が再開され、全線が復旧した。これにより、福島県内のJR在来線は全線が復旧した。

磐越東線は、線路への土砂の流入や倒木などに対応するため、10月12日から郡山駅(福島県郡山市)―いわき駅間の全線で運転を見合わせた。郡山駅―小野新町駅間は11月6日に再開したが、小野新町―いわき駅間では線路の修復作業などが続いていた。

県内のJR在来線は東北本線が10月29日、水郡線が11月1日に全線で運転を再開している。一方、JR以外では阿武隈急行が、富野駅(福島県伊達市)―槻木駅(宮城県柴田町)間で運転再開の見通しが立っていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]