新興株が持ち直し、ジャスダック平均が年初来高値

2019/11/18 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新興株市場が持ち直している。18日の東京株式市場で日経ジャスダック平均株価は前週末比0.7%上昇して年初来高値を付けた。東証マザーズ指数も1.8%高。上昇率はいずれも日経平均株価(0.5%)を上回った。大型株の上昇が一服し、出遅れ感のある新興株に機関投資家の物色が広がった。投資損益が改善した個人投資家も買いを入れている。

11~18日の1週間でみても、ジャスダック平均は2%高、マザーズ指数は1%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]