北海道の家電量販店販売額、9月は5割増 駆け込み需要

2019/11/18 16:21
保存
共有
印刷
その他

北海道経済産業局がまとめた9月の北海道の大型店販売動向によると、家電量販店の販売額は前年同月比53.3%増の184億円だった。2カ月連続で前年を上回った。消費増税前の駆け込み需要と、テレビや冷蔵庫など大型家電の買い替え需要が重なり、大幅なプラスになった。

コンビニエンスストアは1.2%増の495億円だった。11カ月連続で前年を超えた。北海道胆振東部地震で食品や飲料の販売が落ち込んだ前年同月の反動増などが表れた。

スーパーは5.0%増の638億円だった。2カ月連続でプラスだった。増税前の駆け込み需要でシャンプーやトイレットペーパーなどの日用品、酒類の販売が好調だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]