/

スケート織田氏、関大コーチ提訴 「モラハラで監督辞任」

フィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪男子代表の織田信成氏(32)が18日、陰口などのモラルハラスメントを受けて関西大アイススケート部の監督辞任に追い込まれ精神的苦痛を受けたとして、同部の浜田美栄コーチに1100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

訴状などによると、織田氏は監督就任直前の17年3月ごろから、浜田コーチにあいさつしても無視されるなどハラスメント行為を受け、4月の就任後は「監督になってから偉そうになった」などと陰口を言われるようになった。今年3月ごろからモラハラがエスカレートし、体調が悪化して入院。5月下旬からスケートリンクに行けなくなった。

7月に学長らと話し合い、関大の調査結果を受けるために待ったが、9月になっても報告がなく、対応を不誠実に感じて辞任したとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン