スケート織田氏、関大コーチ提訴 「モラハラで監督辞任」

2019/11/18 15:58
保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪男子代表の織田信成氏(32)が18日、陰口などのモラルハラスメントを受けて関西大アイススケート部の監督辞任に追い込まれ精神的苦痛を受けたとして、同部の浜田美栄コーチに1100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

 大阪地裁に提訴し、記者会見する織田信成氏(18日午後、大阪市)=共同

訴状などによると、織田氏は監督就任直前の17年3月ごろから、浜田コーチにあいさつしても無視されるなどハラスメント行為を受け、4月の就任後は「監督になってから偉そうになった」などと陰口を言われるようになった。今年3月ごろからモラハラがエスカレートし、体調が悪化して入院。5月下旬からスケートリンクに行けなくなった。

7月に学長らと話し合い、関大の調査結果を受けるために待ったが、9月になっても報告がなく、対応を不誠実に感じて辞任したとしている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]