個人データ 価値と扱い議論を 森健氏
野村総合研究所 上級研究員

私見卓見
2019/11/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人データの提供に対価を支払う「情報銀行」が登場した。情報銀行はデータ提供者の許可を得て企業に個人データを提供し、企業はそのデータを基にマーケティング活動などを行う。ではその対価はどう決まるのかと疑問に思った人もいるだろう。単純に考えれば、データ提供側がいくらで売りたいのかと、データ購入側がいくらまで支払えるのかで決まるが、話はそう簡単ではない。

この問いかけは「データとはどんな存在なのか」とい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]