大饗の儀終わる 一連の大嘗祭儀式が終了

2019/11/18 15:53
保存
共有
印刷
その他

天皇陛下が大嘗祭(だいじょうさい)の参列者を招いて酒食を共にされる「大饗(だいきょう)の儀」が18日、皇居・宮殿で催された。民間代表ら計281人が出席。16日に続き2回目で、大嘗祭の一連の儀式は終了した。

 天皇、皇后両陛下や皇族方が出席した大饗の儀(18日午後、宮殿・豊明殿)=代表撮影・共同

大饗の儀では、大嘗祭で供えられたコメの産地となった栃木県と京都府の風景を描いた屏風が飾られた。それぞれ日本画家の田渕俊夫さんと土屋礼一さんが担った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]