マツダ、「ロードスター」を一部改良 新色追加

自動車・機械
2019/11/18 15:39
保存
共有
印刷
その他

マツダはスポーツ車「ロードスター」を一部改良して12月5日に発売すると発表した。先進の安全機能を採用したほか、スマートフォンとつながる「マツダコネクト」も使えるメニューを広げた。ボディーカラーに7色目となるグレーを設定した。根強い人気を誇る人気モデルでバリエーションを増やし需要を喚起する。

マツダはスポーツ車「ロードスター」を一部改良し、12月5日に発売する

安全機能としては歩行者との接近を検知するとドライバーに警告を出す。これまでの昼間に加えて、夜間にも対応して自動ブレーキをかけてくれる。「マツダコネクト」も、スマホの音楽アプリや地図アプリを車載ディスプレーで操作できる機能を追加した。

価格は260万1500円から。2019年4月に予約受け付けを始めた3000台限定の特別仕様車はオレンジを用意した。ロードスターは1989年の誕生から30周年を迎えた。累計販売台数は今年9月末時点で、109万台を超えた。

マツダは大幅改良した「新世代商品群」を今年、集中投入している。第1弾となった小型「マツダ3」で採用したグレーを基調にしたボディー色「ポリメタルグレーメタリック」をロードスターでも展開する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]