福井のリノベーションまちづくり、5年間の挑戦

2019/11/19 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福井市で古い建物のリノベーションを、まちづくりにつなげる取り組みが広がりつつある。2023年の北陸新幹線福井開通を前に、空き家や空き店舗、雑居ビルなどの遊休不動産を民間主導で再活用し、エリアのにぎわいを取り戻そうとするものだ。福井にゆかりのある建築家や学生を中心に注目が集まりつつあるが、今後も続けられるのか、関係者は不安を募らせる。

11月4日、福井駅前の響のホールでリノベーション提案のイベント…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]