スポーツ > サッカー > 熱視線 > 記事

熱視線

フォローする

味方を輝かせる潤滑油 J1浦和・宇賀神友弥(上)

2019/11/24 3:00
保存
共有
印刷
その他

その1人がピッチに加わると、チームが円滑に回り出す。浦和のサイドバック、宇賀神友弥にはそんなところがある。ぶっちぎりのスピードといった突出したものはなくても、J1で2010年から10季連続2桁試合出場。多くの年で30試合近く出続けてきた。

秘訣は「傾聴力かな」と本人は話す。戦術も起用法も決めるのは監督。その要求に適応するため、何はともあれ、よく話を聞く。誰にでもできそうなことだ。

宇賀神の場合、…

熱視線をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

熱視線 一覧

フォローする
「明治発 世界へ!」という言葉を大事にしている

 明治大学サッカー部監督の栗田大輔は1970年9月に清水市(現在の静岡市)で生まれ、幼稚園でサッカーを始めた。明大では第一線の選手とはいかなかったが、高校時代は地元の名門、清水東高のウイングのレギュラ …続き (2/2)

2019年は「12月22日に一番強い個人、チームになろう」とインカレ決勝の日付をチームに植え付けてきた

 2019年の大学サッカー界を席巻したのは明治大学だった。関東リーグ戦1部で最多勝ち点を更新し、大学主要タイトルを独占する「3冠」を達成。卒業後、Jリーグ各チームに進む選手は9人を数える。そのタレント …続き (2/2)

ユース時代から光っていたという積極性とパンチ力は健在だ

 宇賀神友弥が左サイドバックとして一人前になれたことは、浦和ジュニアユース・ユース時代の監督だった淀川知治(現尚美学園大学サッカー部監督)には驚きでもあった。20年前の、お粗末な左足のキックが思い浮か …続き (2019/11/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]