/

この記事は会員限定です

立憲と平和を担う象徴天皇像 平成流の継承と進化

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

天皇陛下の即位に伴う一連の行事が「大嘗祭(だいじょうさい)」で節目を迎えた。上皇さまの退位のご意向を起点とした皇位継承が浮き彫りにしたもの。それは上皇さまが能動的に模索された象徴天皇像の大枠を陛下も継承され、国際性なども加えて進化を目指される流れだ。日本国憲法の価値のうち民主主義を国会が担うなら、象徴天皇は立憲主義や平和主義を体現する道もほの見えてくる。

「すっきりしない」大嘗祭

「大嘗宮の儀を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン