/

この記事は会員限定です

「誰も見たことない万博を」 仕掛け人はSF小説育ち

大阪府立大特別教授・橋爪紳也さん(人間発見)

[有料会員限定]

2025年に大阪市で開かれる国際博覧会(大阪・関西万博)。誘致の段階からコンセプト作りをけん引してきたのが、大阪府立大学特別教授で建築史家の橋爪紳也さん(58)だ。小学4年生の時、1970年の大阪万博に18回も通ったほどの万博ファン。万博の役割は終わったという懐疑的な意見もあるが、「誰も見たことがないものを」と、全く新しい姿を追求する。

◇   ◇   ◇

大阪万博に通うこと18回

70年万博の思い出は鮮明です。阪急千里線の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン