サンマようやく初水揚げ 福島・小名浜、1カ月半遅れ

2019/11/18 10:36
保存
共有
印刷
その他

福島県いわき市の小名浜港に今季初めて水揚げされたサンマ(18日午前)=共同

福島県いわき市の小名浜港に今季初めて水揚げされたサンマ(18日午前)=共同

福島県いわき市の小名浜港で18日朝、サンマが今季初めて水揚げされた。記録的な不漁で、例年より1カ月半ほど遅い初水揚げだが、待ち焦がれた秋の味覚の到来に港は活気づいた。

同市の江名漁協所属の第38広運丸は16日夜に茨城県高萩市沖50~60キロの海域で約7トンを取った。18日には、広運丸を含む計5隻の約26トンが水揚げされた。小型が中心で、魚市場では1キロ361~415円の高値で取引された。

広運丸の吉田圭佐船長(35)によると、水温が高くサンマの南下が遅いという。吉田船長は「例年にない不漁だが、地元に水揚げできて良かった。シーズンも終盤になるが、岩手県沖まで北上してまとまった群れを狙いたい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]