最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

投信コラム

フォローする

「逆算して運用プランを」五十嵐氏(IFAの流儀)

2019/11/20 12:00
保存
共有
印刷
その他

個人の資産形成への関心が高まる中で、中立的な立場から助言をする独立系金融アドバイザー(IFA)への期待が強まっている。個人に投資を身近に感じてもらうための取り組みや運用プランの立て方などについて、バリューアドバイザーズ(東京・新宿)の五十嵐修平氏に聞いた。

―――IFAになったきっかけは。

「株式投資で増やしたお金を頭金にして一軒家を建てた父親を見て、自分も大学生で運用を始めました。『人のお金も増やして喜んでもらいたい』という気持ちになり、卒業後は国内の証券会社でリテールの営業マンとして働きましたが、自分で本当に顧客のためになる資産運用の提案をしたくて独立しました」

―――どんな相談内容が多いですか。

「よくあるのは『どう運用したらいいか分からない』『いま持っている金融商品のセカンドオピニオンが聞きたい』などです。高齢層では証券口座を整理したいという相談が増えてきたので、今年4月に『証券相続の窓口』を開設しました。有価証券に特化した証券相続の相談窓口としてご利用いただいています」

―――若い世代はどうですか。

「少しずつですが、投資に関心を持つ若い方が増えていると実感しています。弊社では投資を身近に感じてもらうために仮想の投資体感セミナーを定期的に開催していますが、『老後2000万円問題』が話題になった6月以降、セミナーの申し込みが1.5倍に増えました。参加者の中心は30~40代の資産形成層です。セミナーをきっかけに少額から積み立て投資を始める方もいらっしゃいます」

―――セミナーについて詳しく教えてください。

「株や債券、投資信託などの金融商品をどう組み合わせて投資するか、仮想のポートフォリオを組み、そのパフォーマンスを競い合う体験型ゲームです。参加者が4人1組のチームに分かれ、架空のニュースを材料にどの銘柄をどれくらい組み入れるかを短時間で判断します。セミナー当日に初めて会う人たちでチームを組みますが、毎回結構盛り上がります。私たちIFAは会場を巡回しながらアドバイスをします」

―――資産運用のアドバイスで大切にしていることは。

「お客様の資産を自分の家族の資産のように考えてアドバイスすることをモットーにしています。そういう意識を持っていれば、お客様のためになる提案以外はしなくなるからです。短期の利益ばかりを追わず、お客様が長期的にどう資産を増やしていけるか。その具体的な道筋を提示することが私たちの仕事です。お客様と相談しながら運用のゴールを一緒に考え、そこから逆算して運用プランを立てることを心がけています」

「お客様のためになるサービスを提供し続けるためにも、預かり資産残高に応じた収益を基盤にした『フィービジネス』への転換を図っています。10月から新しい商品の取り扱いを始めました。『楽天証券ラップサービス(愛称:V.I.P)』です。内容は同業で大手のGAIA(東京・新宿、中桐啓貴社長)が取り扱う『GMA』と同じで、複数の投資信託を組み合わせた10コースからお客様に合ったものを選びます。価格変動などをあまり気にせずに運用を続けやすく、リバランスにかかる手数料も省けるので、お客様のメリットも大きいです」

五十嵐修平氏 
バリューアドバイザーズ社長。証券会社、不動産会社勤務を経て2013年2月に独立。

(QUICK資産運用研究所 竹川睦)

投信コラムをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム