/

自衛隊の中東派遣検討を説明 日米防衛相が会談

【バンコク=三木理恵子】河野太郎防衛相は18日午前、訪問先のバンコクでエスパー米国防長官と会談した。政府が検討している中東への自衛隊の独自派遣について説明したとみられる。在日米軍の事故や不祥事が相次いだことを受け、米側に再発防止策の徹底を要請した。北朝鮮の弾道ミサイルや中国の海洋進出に関しても協議した。

両氏は17日に日米韓防衛相会談で対面した。2国間での防衛相会談は、河野氏が防衛相に就任して以来初めてとなる。17日に続き、23日午前0時に失効期限を迎える日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関しても意見交換したもようだ。

エスパー氏は会談後、記者団に「多くの問題について議論した。日米同盟は強固だ」と語った。河野氏は「多くの問題を解決した」と強調した。

自衛隊の中東派遣の検討では米国が主導する「海洋安全保障イニシアチブ」との連携を視野に入れる。現地での情報交換や派遣する護衛艦、哨戒機の補給で協力し合う見通しだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン