パラリンピックの風

フォローする

鈴木、日本人最高の2位 大分国際車いすマラソン

Tokyo2020
2019/11/17 22:27
保存
共有
印刷
その他

大分国際車いすマラソンが17日行われ、男子(T54)はマルセル・フグ(スイス)が1時間22分51秒で2年連続8度目の優勝を果たした。日本勢は鈴木朋樹(トヨタ自動車)が1時間22分55秒で2位に入った。女子はマニュエラ・シャー(スイス)が1時間35分42秒の世界新記録で制した。

10人超の先頭集団から鈴木とフグが抜け出したのは25キロ前後。そこからは交互に先頭を入れ替わりながらの2人旅となったが、最終盤では「腕が残っていなかった」と鈴木。トラック勝負で2年連続フグに屈した。

「正直、マルセルとは格差がある」と現時点での劣勢を素直に認めつつ、東京パラリンピックに向けて「リハーサルとしては百パーセント」と手応えも口にしていた。

パラリンピックの風をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

パラリンピックの風 一覧

フォローする
表彰式で笑顔を見せる、女子で日本新記録をマークし2位の喜納翼(中央)。右は世界新記録で優勝したマニュエラ・シャー(17日、大分市営陸上競技場)=共同共同

 大分国際車いすマラソンが17日行われ、男子(T54)はマルセル・フグ(スイス)が1時間22分51秒で2年連続8度目の優勝を果たした。日本勢は鈴木朋樹(トヨタ自動車)が1時間22分55秒で2位に入った …続き (11/17)

 【ブリュッセル=共同】パラリンピックの車いす陸上女子メダリストで、脊髄疾患で痛みに苦しみ、安楽死の希望を公表していたベルギーのマリーケ・フェルフールトさん(40)が死を決断し、同国東部の自宅で22日 …続き (10/23)

自己ベストは8メートル48。五輪でも金メダル争いが可能なレベルだ共同

 マルクス・レーム(ドイツ)は世界で最も名が知られているパラアスリートだろう。パラリンピック陸上男子走り幅跳びの、片足膝下が義足のクラスで2012年ロンドン、16年リオデジャネイロと金メダル。8メート …続き (9/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]