「以前から使用していた」 沢尻容疑者が供述

2019/11/17 15:12
保存
共有
印刷
その他

女優の沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬「MDMA」を所持したとして逮捕された事件で、沢尻容疑者が違法薬物について「以前から使用していた」と供述していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は尿鑑定を進めており、使用の状況についても調べている。

送検のため沢尻エリカ容疑者を乗せ東京湾岸署を出る車(17日午前)=共同

また逮捕の約1カ月前から警視庁に「違法薬物を所持している」との情報提供があり、同庁組織犯罪対策5課が内偵捜査していたことも分かった。同課は17日、麻薬取締法違反容疑で沢尻容疑者を送検した。

捜査関係者によると、16日朝に沢尻容疑者の自宅を家宅捜索したところ、居室の棚に置かれたアクセサリーボックスの中からポリ袋に入ったカプセル2錠が見つかった。カプセルはアクセサリーボックスの中敷きの下に隠すように置かれていたという。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]