米中閣僚が電話で貿易協議 中国側「建設的な議論」

トランプ政権
貿易摩擦
2019/11/17 10:29
保存
共有
印刷
その他

中国の劉鶴副首相(左)、ライトハイザー米通商代表=共同

中国の劉鶴副首相(左)、ライトハイザー米通商代表=共同

【北京=原田逸策】米国と中国の貿易協議で中国側の責任者を務める劉鶴(リュウ・ハァ)副首相は16日午前、米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表やムニューシン財務長官と電話で会談した。国営新華社によると「双方は第1段階の合意を巡り、それぞれの核心的な懸念について建設的な議論をした。今後も密接なやり取りを続ける」という。

【関連記事】 米中協議、農業・知財で詰め 部分合意へ正念場

劉氏が米国側の求めに応じたとしている。米中の閣僚級による電話協議は約2週間ぶり。米国は中国に米国産農産物の購入拡大を求め、中国は米国に発動済みの追加関税の撤廃を促しており、条件闘争が続いている。

新華社が配信した中国側の声明には「進展」という言葉がなく、今回の電話協議では大きな前進がなかった可能性もある。米国のトランプ大統領は第1段階の合意にいたらなかった場合、中国に追加関税をかける姿勢を示す。12月15日にはパソコンやスマートフォンなど1600億ドル(約17兆円)分の中国製品に15%の追加関税をかける構えをみせている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]