香港駐留の人民解放軍が清掃活動

2019/11/16 21:10
保存
共有
印刷
その他

16日、香港の大学で、デモ隊がばらまいたれんがを拾う中国人民解放軍の軍人(AP=共同)

16日、香港の大学で、デモ隊がばらまいたれんがを拾う中国人民解放軍の軍人(AP=共同)

【香港=木原雄士】政府への抗議活動が続く香港で16日、中国人民解放軍の香港駐留部隊が道路の清掃活動に参加した。香港メディアによると、Tシャツ姿の数十人が九龍半島の軍施設の近くで、デモ隊が路上に放置したレンガを片付けたり鉄柵を取り除いたりした。6月に大規模デモが始まって以来、駐留部隊が公の場で活動したのは初めてとみられる。

駐留部隊に関する規定には「社会の治安維持」などのために香港政府の要請で出動できるとの条文があるが、一度も使われたことがない。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)によると、清掃活動に参加した部隊の一人は「香港政府とは何の関係もない」と話した。

一方、香港中文大学に立てこもり警官隊と衝突していたデモ隊は16日朝までに撤収した。一部の道路封鎖は解除され、交通網は回復に向かっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]