南鳥島沖でレアアース調査、無人潜水艦を活用 政府

2019/11/16 20:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

南鳥島の海底にあるレアアースを高濃度で含む層を確認し、正確な埋蔵量の把握を目指す(2012年に自衛隊機から撮影した南鳥島)=共同

南鳥島の海底にあるレアアースを高濃度で含む層を確認し、正確な埋蔵量の把握を目指す(2012年に自衛隊機から撮影した南鳥島)=共同

政府は2020年にも海洋研究開発機構などと共同で、自律型無人潜水艦(AUV)を使って小笠原諸島・南鳥島の深海にあるレアアース(希土類)の埋蔵量を調査する。海底にあるレアアースを高濃度で含む層を確認し、レアアースの正確な埋蔵量の把握を目指す。AUVを使ったレアアースの埋蔵量調査は成功すれば世界初という。

【関連記事】 深海の「レアアース泥」本格開発へ、資源量把握急ぐ

使用するAUVは米国のウッズホール海洋研究所が開発した。購入額は付属品を含め約10億円。南鳥島の排他的経済水域(EEZ)内6000メートルの深海で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]