華厳の滝が初ライトアップ 幽玄さ、観光客魅了

2019/11/16 20:18
保存
共有
印刷
その他

日本三名瀑(めいばく)の一つ「華厳の滝」(栃木県日光市)が16日、初めてライトアップされた。発光ダイオード(LED)の投光器による白い光で照らされた滝が暗闇の中に浮き上がり、幽玄な雰囲気の中、観光客らを魅了した。23日までの午後5~7時に実施する。

初めてライトアップされた「華厳の滝」(16日夕、栃木県日光市)=共同

初めてライトアップされた「華厳の滝」(16日夕、栃木県日光市)=共同

今回は試行で期間を8日間に限定。地元関係者は、投光が生態系に悪影響を与えなければ来年以降も行いたい考えだが、弊害があれば期間中でも中止の可能性がある。

華厳の滝は中禅寺湖の水が高さ97メートルの岸壁を落ちる壮大さが魅力。地元は夜間や冬の集客策としてライトアップに期待を寄せる。華厳の滝は日光国立公園内の特別保護地区とされ規制が厳しい。ハヤブサやニホンカモシカなど周辺の生き物に異常がないかどうかなどを調べ、来年以降の実施や期間延長の可否を検討する。

企画した奥日光冬季活性化推進協議会の星野仁志会長(66)は「自然の中にふさわしい悠然とした光を目指した。奥日光に足を運び楽しんでほしい」と話した。

横浜市の会社員、木村美波さん(27)は「迫力がすごい。滝本来の色が分かるよう白くライトアップされていてきれいだった」と笑顔で話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]