アジア発、世界で革新 グラブのフイリン共同創業者

スタートアップ
東南アジア
2019/11/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シンガポールに本社を置く東南アジアの配車最大手、グラブは創業7年で企業価値が140億ドル(約1兆5300億円)超の企業に成長した。配車サービスから金融や食事の宅配にまで事業を広げ、サービスの担い手は900万人を超える。黒字化のメドが立たない新興企業への逆風が強まるなかで、人工知能(AI)など先端技術も活用してどう成長を持続させていくのか。タン・フイリン共同創業者に聞いた。

 タン・フイリン氏 米マ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]