囲碁王座戦、18日に第3局 井山王座に芝野名人が挑む

囲碁・将棋
2019/11/18 2:00
保存
共有
印刷
その他

井山裕太王座(左)と芝野虎丸名人

井山裕太王座(左)と芝野虎丸名人

四冠の井山裕太王座(30、棋聖・本因坊・天元)に芝野虎丸名人(20)が挑戦する第67期囲碁王座戦(日本経済新聞社主催)五番勝負の第3局が18日朝から甲府市の常磐ホテルで打たれる。持ち時間は各3時間で、立会人は武宮正樹九段が務める。

第1局は芝野名人が、第2局は井山王座がそれぞれ黒番で制し、1勝1敗となった。第3局は勝った方がタイトルに王手をかける重要な一戦だ。

対局の模様は「囲碁王座戦特設サイト」(http://igooza.nikkei.co.jp/)でライブ中継します。

18日午後3時から東京・大手町の日経本社2階「SPACE NIO」で大盤解説会があります。解説は石田芳夫二十四世本因坊、聞き手は長島梢恵三段。入場無料。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]