チリ、憲法改正の国民投票へ 通貨ペソは大幅高

2019/11/16 10:15
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】南米チリの議会は15日、憲法改正のための国民投票を来年4月に実施すると決めた。現行憲法は軍事独裁政権時代に制定され、福祉や教育、市民の政治参加などが国家の義務と明記されていない。反政府の抗議活動が続く中、政府が一部の野党や市民の要求に応じた。市場は好感し、通貨ペソは対ドルで前日比3.6%高の1ドル=774.3ペソと7営業日ぶりに反発して取引を終えた。

与野党協議の末、国民…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]