仏トタル、日本で洋上風力発電を検討

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/11/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仏エネルギー大手のトタルが日本での洋上風力発電事業に参入する検討に入った。具体的な事業の開発に向けて複数の企業と交渉を始めており、早期に投資決定にメドをつけたい考え。トタルは日本では大規模太陽光発電所(メガソーラー)の運営に参入済み。新たな事業機会の開拓余地が大きい洋上風力との両輪で、日本の再生可能エネルギー市場で基盤を強化する狙いだ。

トタルは国際石油資本(メジャー)の中でも、米エクソンモービ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]