巨大IT、不当な情報収集を防止 独禁法と新法で規制

2019/11/15 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

プラットフォーマーと呼ばれる巨大IT企業がデータを大量に収集するビジネスモデルが広がっている。データやサービス利用者の数が武器となるプラットフォーマービジネスは一度普及すると新規参入が難しく、寡占が起きやすい。杉本氏は「不当な情報収集で技術革新を阻害することがあれば、防止するというのが競争政策の役割だ」と強調した。

今後の規制の方向性については「独占禁止法の執行と、補完する新たな制度面の規制が必…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]