大阪IR、用地引き渡しを前倒し 半年~1年で調整

2019/11/15 22:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す大阪府・市が、IR事業者への建設予定地引き渡しの前倒しを検討していることが15日、府・市関係者への取材で分かった。従来は2022年春としていたが、半年から1年ほど早める方向で調整している。早期着工で府・市が目指す25年国際博覧会(大阪・関西万博)前の開業を実現したい考え。

また、事業者の決定は20年6月になることも判明。府・市が月内にも公表する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]